ジュエリー買取する前に

2020年5月29日

比較・中古ジュエリー市場とは

中古バッグの市場と中古ジュエリー市場には一体どのような違いが存在しているとお考えでしょうか。

いま、中古市場は大きく変わろうとしてします。以前では、本当に中古でいいのか……という気持ちもいささか起きたでしょう。しかし、そのような人たちが、積極的に「リサイクル」や「ユーズド」、「リユース」という市場で購入することが出来る時代に変化したということが出来ます。

実際に、いままで、中古でモノを購入するにあたり少々抵抗感も存在していたのかもしれません。 しかし、不要なものを売却するという市場において、何も考えず、即、現在必要ないものを買取してもらおうというモチベーションが発生します。

価格

当然、中古市場を利用している人たちは、リーズナブル価格で購入することが出来るから、中古市場を利用しようと思っていることでしょう。

バッグにも言えることですが、中古ジュエリーであれば、新品の販売価格の30から50%程度で購入することが出来ます。実際に、今まで新品でしか購入出来ないからあきらめていた人たちも数多くいらっしゃることでしょう。

更に、中古ジュエリーであれば、中古で購入したジュエリーであれば、購入価格の5割程度で売却できる可能性も出てきます。

お気に入りのジュエリーを購入して、心ゆくまで楽しんでいただき、飽きたら買取してもらおうという姿勢は非常にご都合主義に見えますが、実際に中古ジュエリー市場だからこそ成り立つと見ていいでしょう。

希少性が存在している

中古バッグにも希少性が存在しているという言い方は出来るかもしれません。しかし、基本、ブランドは価値を操作し、不足すれば製造すれば補うことが出来ます。

しかし、ジュエリーは、そのようなバッグとはタイプが違うと考えていいでしょう。

まず、宝石は自然の産物なので、永遠に採掘出来るとはほとんどのものに対して考えることが出来ないでしょう。

もう既に、枯渇し新たな産出が難しい石が存在し、そのようなジュエリーに対して多くの人たちが注目して、是非とも中古でも欲しいという気持ち持っていることでしょう。

ブラジル産のパライバトルマリン程度のものであれば、ほとんど中古でも購入することが出来ないかもしれません。

いかがでしょうか。中古バッグ市場と比較して中古ジュエリー市場は、 USED・中古ジュエリーを選択肢として含めないと購入出来ないものが、バッグ以上存在しているということが出来ます。