母の日プレゼントを贈る前に

2019年3月11日

義母とのトラブル  母の日Mothers’ Dayに解消しましょう

義母とのトラブルをいろいろ抱えている人たちも多いのではないでしょうか。

そのような人たちにも、「母の日Mothers’ Day、プレゼント」がいい効果を示すのではないでしょうか。

日常生活での義母とのいろいろなトラブル

実際にみなさんは義母と結婚したわけではないので、義母とのトラブルはあって当然と言えば当然でしょう。

みなさんは、そのような雰囲気の家庭に我慢しているだけかもしれません。

しかし、ずっとそんな家庭の雰囲気に我慢しているというのも。

何かいい対策方法があればいいのですが。

グサッとひとことが

みんな仲良くやりたい姿勢は持っています。

しかし、なかなか上手くいかないのが現実です。

義母はいつもいつも側にいる存在なので、無視というのもいい対策ではありません。

それを「放っておけばいい」という姿勢では、どんどん問題を悪化させてしまうことになります。

白のスキニーパンツを履いていたら、「あなた、ステテコなんて履いてどうしたの?」なんて言われれば、本当にグサッと心に突き刺さりますよね。

「あら、少し太ったんじゃない?」ということをズケズケというのも義母でしょう。

本当に義母をはじめから傷つけようとして言っているのでしょうか。

それとも、愛のムチなのでしょうか。

そのような時、旦那は聞こえていて聞こえないふりをしていたりしていて、旦那のことも嫌いになってしまいそうですよね。

旦那も、どっちをフォローしていいか全くわからない状況です。

義母「うちの息子は優しいから」

更に、義母は、自分の旦那を自分の方に取り込もうとしているから、「うちの息子は優しいから」という言い方をしたりします。

本当に、このような言葉と当たり前に遭遇する人たちも多いでしょう。

ついつい手を出したくなっちゃうような瞬間です。 しかし、手を出してしまったら、いままでして来た努力も水の泡になってしまうでしょう。

嫁にばかりガンガン言うものの、旦那(息子)に対しては何も文句を言わないというのも極々当たり前のことです。

果たして、義母とは、どのような構造をしている生命体なのでしょうか。

更にこんなにひどいことも

更にこんなひどいことを言われることもあります。

実親が突然他界したというケースでは、「お父さんもお母さんも残念ね、まだ若いのに……。でも……、これで遠慮なくあなたに私の老後を頼むことが出来るわ」と言われたということです。

更に、結婚したこと自体、「うちの財産目当てじゃないでしょうね?」と言われたこともあると言います。

対策について考えてみる

果たしてどうすれば問題は解決出来るのでしょうか。

何ら対策が見付からないという時には、やっぱり母の日Mothers’ Day、プレゼントが大きな成果を見せてくれることでしょう。

母の日Mothers’ Day、プレゼントという手段は、モノがそこに媒介してくれているから、ある程度距離を離して向きあうことが出来る手段です。

そして、普段、その程度の距離をおく姿勢は必要なのかもしれません。

本気で家族として向きあおうと思ってしまうから、なかなか上手く行かないことがあります。

義母とは、所詮そのような距離が必要な存在なのです。