本部 安全で住みやすい環境つくり委員会 地域交流委員会 コミュニケーション委員会 高齢化対策委員会
TOPに戻る 自治会とは何 自治会規約 自治会組織 年間計画 自治会行事 防犯、防災 行政への要望 議事録

                                

平成20年度椿峰西自治会

 第9回役員会、専門委員会議事録

日  時 平成2009年1月17日

・役員会午後6時00分、専門委員会午後6時30分

場  所 西管理事務所

出 席 者(敬称略)

「役 員」

会 長 佐藤 陽一

副会長 五味 智津子(会計担当)松崎 嘉信(書記担当、高齢化対策委員会担当 )

役 員 土屋 博史 (地域交流委員会担当)、安川 信(安全で住みやすい環境つくり委員会担当)
    笹原 秀一 (コミュニケーション委員会担当)

監 事 清水 町子

「専門委員会委員」

・地域交流委員会委員

伊藤 美佐子、前原 真弓、大島 文治、郡山 美井子

・安全で住みやすい環境つくり委員会委員

石黒 邦衛(欠)曾田 篤郎、戸田 智子真柴 達、寺本 優

・コミュニケーション委員会委員

上野 謙孝、佐々木 春生、小松澤 幸子

・高齢化対策委員会委員

高橋 道保(欠)丸山 二三夫、小川 景子(欠)横川 文彦(欠)森 義国

阿部 伊勢吉

【議事内容】

    1.合同での連絡事項

    2.各専門委員会の討議

【議事概要】

−合同での連絡事項−

議 題 1. 前回議事録はホームページに掲載済みである旨の報告をされた後、本日の議題に入った。

議 題 2.佐藤会長からの連絡事項

(1)椿峰まちづくり協議会活動の報告

報告事項なし。

(2)椿峰みどり・環境つくりの会活動の報告

  報告事項なし。

(3)自治会会員増加キャンペーン企画(第2次)

第一次企画が好結果を生み、引き続き第二次企画を実施したかったが、今後の自治会
スケジュールが総会に向けて過密なため来期に延期することにした。

(4)勝光寺斜面対策の報告

   その後の進展がないことの報告があった。

(5)自治会運営用の媒体購入の件

過去の運営データーとホームページ運営用データーの保存を実施するため外付けの
ハードディスクを購入し保存を図ることと、今後の使い勝手を良くする方針である
ことが報告され、費用は1万円ほどであるとの説明があった。

(6)定時総会までの運営手順の確認

別紙総会開催の運営手順を出席者に配布し説明があった。

総会の実施日は4月19日(日)、20年度の活動報告と21年度の活動計画。

本日の分科会で各委員会の意見をまとめ、1月末までに会長宛に連絡。

3月28日までに各委員会の報告と計画資料の承認を得て議案書作成。

(7)次年度当番世話役選出基準決定と選出依頼の件

同じく配布した当番世話役一覧表での説明がなされた。

議 題 3.副会長報告

歳末助け合いは本日現在10、000円の募金が集まった報告があった。

また小手指連協への年会費として例年通りの6万円を支払う説明があり、委員会の
承認を得た。

議 題 4.安全で住みやすい環境つくり委員長報告

(1)冬の防犯パトロール実施状況報告

防犯パトロールはまだスケジュール通り継続実施中であり、特に大きな問題が発生していない
ことと、次回委員会で詳細報告する旨の報告がされた。

議 題 5.地域交流委員長報告

明日の新春芸能大会の実施要領が説明され、現在の参加予定者が25名ほど。10時から会場設営
があり、各委員に協力と参加の呼びかけをした。

議 題 6.コミュニケーション委員長報告

ホームページのアクセス数が今回は600弱となり平均より少なめであった事、またあけぼの95
1月下旬に発行予定であること、ホームページ用のレンタルサーバー先を変更する予定である
事などが報告された。

議 題 7.高齢化対策委員長報告

今月24日にトコロみまもりネットの説明会を管理組合と共同開催することの報告と、参加協力
の呼びかけがされた。

議 題 8.分科会での話し合い。

引き続いて専門委員会がおこなわれ、今年度の活動報告と次年度の活動計画、委員の
継続確認、増員計画について話し合いがされ、会は大方、午後7時30分ごろ終了した。


                                     以 上