本部 安全で住みやすい環境つくり委員会 地域交流委員会 コミュニケーション委員会 高齢化対策委員会
TOPに戻る 自治会とは何 自治会規約 自治会組織 年間計画 自治会行事 防犯、防災 行政への要望 議事録

                                
平成28年度
第5回役員会 委員会
議事録

日時 平成28年9月17日(土)
・役員会午後6時00分、専門委員会午後6時30分

場所 ふれあい椿峰地下ホール

出席者(敬称略)
「役 員」
会 長 
佐藤陽一
副会長 
木南美恵子(会計担当)
丸山二三夫 (書記担当、高齢化対策委員会担当)
役 員 
土屋 博史 (地域交流委員会担当) (欠)
小椋 雄二(安全で住みやすい環境つくり委員会担当)
五味智津子(コミュニケーション委員会担当)
監 事 石口 尚美(欠)
「専門委員会委員」
−地域交流委員会委員−
阿部 康雄(欠)、伊藤美佐子、田栗 浩二、前原 真弓(欠)、山本 治
神部 俊夫
−安全で住みやすい環境つくり委員会委員−
石黒 邦衛、曾田 篤郎、戸田 智子、真柴達、安川 信(欠)、田辺紀美子(欠)
−コミュニケーション委員会委員−
笹原 秀一、横川 文彦、佐々木春生、平井和代
−高齢化対策委員会委員−
野瀬 泰一(欠)、松崎 嘉信(欠)、増田 悦子(欠)、上野 和子

【議事内容】
1. 副会長(書記担当)
前回議事録については、すでにホームページに掲載したことの報告があった。

2. 佐藤会長から、次のとおり説明があった。
@9月11日開催小手指地区敬老会の実施報告の件
五味役員から、次の報告があった。
・日 時 9月11日(日)午前の部 午前10時〜正午(受付午前9時30分〜)
※当日は、名簿受付担当に五味役員が協力した。
・会 場 小手指まちづくりセンター(公民館ホール)
・対象地域 小手指南1〜6丁目,小手指元町1〜3丁目,小手指町5丁目,小手指台,上新井1〜3丁目,北野1〜3丁目,北野南1〜3丁目,山口5000番台
・内容 式典、アトラクション=落語「柳家一九」
歌謡曲「真南春夫」(春ちゃん爆笑公演)
・対象者75歳以上(昭和17年4月1日以前に生まれた方)
なお、当日、午前の部参加者は230名であった。
A自治会としての敬老祝い品の件
前回8月の会合で報告のとおり、今年も例年同様敬老の日(9月19日)に記念品 (お菓子)を対象世帯に1個ずつ贈呈する。
個数対象が 87 世帯、配布は本日の自治会会議時に分担して実施するので協力
方お願いしたい。
贈呈内容については、前年好評であった新宿中村屋お菓子セット(小豆餡(あん)
の月餅2個、栗餡の月餅2個、碌山1個、桃山1個)である。
個別包装、袋付きとし、椿峰西自治会の名前入熨斗紙(のしがみ)付き、月餅は
「祝」等の焼き印付してもらう。
購入先は、104-1金井様経由(新宿中村屋のOBでOB割引が可能)で依頼し購入した。今回の購入費用は88個(予備含む)で56,263円である。
B第12管理組合法人との協議会報告の件
本日、午後3時から第14回目の協議会が開催された。
イ)本日の協議会で確認されたことは、統合後の組織(案)のうち、各部に関して、
仮称ではあるが、総務部、財務部、修繕部、植栽管理部、防災部、広報部、コミュニティ運営部を設けることが確認された。
このコミュニティ運営部に関しては、西自治会の地域交流委員会、安全でみやすい環境つくり委員会、高齢化対策委員会の活動が引き継がれる予定で
ある。広報部は西自治会のコミュニケーション委員会の活動が引き継がれる。
また、統合後の区分経理に関しては、別途、特別会計は設けず、一般会計とし、管理費等及び組合活動費と自治活動費(収支)とは明確に区分経理する。
以上の件に関しては、明日18日開催の管理組合法人の理事会で報告される。
ロ)11月6日に実施する「秋の環境美化の日」にブロック階段集会に各組合員宛に配付、周知方を図るための、分かり易くQ&A方式による資料を作成する。
主な内容は、第12管理組合法人と椿峰西自治会の統合にあたって、統合の必要性、及び運営、統合後によって、何がどのように変わるのか等である。
ハ) 統合後の組織及び運営に関しては、10月に原案が策定される予定であり、自治会の会合及び管理組合法人の各部会合に報告、意見等を聴取する予定である。
以上の説明の後、次の意見等があり、再度、協議会で検討したい。
・新設されるコミュニテイ運営部の業務が多く大変ではないか
・理事数の調整や部の運営方法を今後よく検討すべきである
・12管以外の方への対応は細やかにすべきである
・西自治会は廃止されるのか
・自治会費の徴収はどのようになるのか明確にすべき
C8月27日実施所沢市総合防災訓練の実施報告
平成28年8月27日午前8時より椿峰小学校を会場として開催された。参加者27名、椿峰小学校校区の8自治会が参加、椿峰小学校を会場としては、4回目
の開催である。実施内容は、イ)地域住民・避難誘導訓練、ロ)避難者名簿作成訓練、ハ)給水・給食訓練(お茶、アルファ米配布)、ニ)タオルを利用した救護訓
練、AED利用訓練、ホ)段ボールを利用した避難所設営訓練であった。
続いて真柴実行委員から、当日は、市役所や消防、小学校関係者の協力もあり合計200名の出席があった。ご協力いただいた方々に対するお礼があった。
D椿峰みどり環境つくりの会報告の件
前回の会合で報告のとおり、同会より緑道の樹木を伐採してほしい旨の要望があったので、佐藤会長が、その後、所沢市・公園課との打合せを行い、市の予算の関係上2017年3月までには伐採を実施する予定である。また、上山口中学校のPTAから、陸橋の老朽化が進んでおり危険であるとの要望があったので、所沢市・みどり自然課に伝えたところ、来年度以降に専門業者による強度の調査をする予定である。
E椿峰ニュータウン西 交通信号改善に関する件
前回7月16日及び8月20日開催の会合で、バス通りの椿峰ニュータウン入口の信号機が樹木で見えにくいとの意見・要望があった件に関して、その後、佐藤
会長から所沢警察署に連絡したが、樹木・土地所有者の確認ができないため、伐採が不可能であるとの連絡であった。その後、再三にわたり佐藤会長から連絡して必要な対応を求めていたものである。
9月15日に、所沢警察の規制係の担当より連絡があり、とりあえずの仮処置がされて、信号機が見える状態になりました旨連絡があった。
今回の経緯については、大方、次のとおりである。
イ)7月の自治会会議の際に、同ケ所の信号機が樹木に隠れて見えずらいので、改善を要望することになった。その後、佐藤が、所沢警察規制係に電話で要望した。その際に、この場所の樹木は、法面側を所有する地主の所有で、地主に依頼をして切ってもらうことになるので地主をさがしているとの返答を得た(法律では所有者責任で土地の持ち主(地主)が対応することになっており、警察や市役所は切ることができない)
ロ)その後、8月になっても、進展しないので、再度所沢警察に連絡したが地主がわからない状態で、市役所道路維持課と協議しているとの返答があった。
ハ)8月の自治会会議でも、再度問題になり、佐藤が市役所道路維持課に確認したところ、同ケ所は複数の地主がいることが判明し、警察と連携して依頼中との返答があった。
ニ)9月になっても進展がないので、9月12日、14日にメールで市役所道路維持課への督促、15日に電話にて所沢警察、市役所道路維持課への督促と安全面での早急な解決を依頼した。その際には、地主には依頼を何回もしているが、実施に至っていないので、待ってほしいとの返答があった。
ホ)15日夕方に所沢警察規制係の担当より、今回は、警察内で検討し安全面を考慮して、警察署員により簡易伐採を実施し、信号機を見える状態にしたとの連絡があった。
ヘ)以上の経緯を踏まえると、根本原因は、土地の持ち主(地主)が、本来実施すべき、自分の土地の樹木を管理を実施せず、道路や信号機に悪影響を与えたことで安全性を顧みず、自己都合で処置を怠っている。警察は、この状態を放置したままで、交通事故が起きた場合は、地主に対して損害賠償が起きる旨伝えたが聞く耳を持たない。
ト)今回は仮処置まで実施できたが、この場所には大量に樹木があり道路側にはみ出している状況に変化はない。引き続き、所沢市道路維持課等との連携をして状況の改善に努めたい。
F秋の花植え実施企画(実施日は11月19日(土)、植栽する花はビオラ、パンジー等予定)に関する件
来る11月19日(土)に、秋の花植えを実施する。植栽する花はビオラ100ポット、パンジー180ポット、アリッサム50ポット等予定している。この他管理組合法人5,000円、西自治会5,000円の費用で追加の花を購入、実施する予定である。

3.副会長報告(会計担当)
特に、報告はなかった。

4.安全で住みやすい環境つくり委員会
@夏の防犯パトロール実施状況
小椋役員から8月7日から夏の防犯パトロールを実施しているが、引き続き協力方お願いしたい。
A秋の環境美化の日実施企画(実施日は11月6日・日曜日、例年通りの内容で実施)
佐藤会長から、10月中旬ごろ階段掲示する予定である。

5.地域交流委員会
@夏のイベント2016実施報告
佐藤会長から、次の報告があった。
夏のイベント納涼パーテイー2016を8月27日午後5時よりふれあい椿峰で開催。当日、朝からの雨のため高峰公園での開催を断念、ふれあい椿峰に会場を変更。大人54名、子供8名の計62名の参加があった。自治会からの補助は19,712円であった。    
ご夫婦、ご家族での参加も増えて地域交流の良い場が提供できた。高峰公園のミニ夏まつりとして、11年目を迎え定着化し、参加者にとっても満足度の高いイベントが開催できたものと考える。来年も更なるアイデアと工夫で楽しいイベントを実施したい。
Aぶどう狩り実施報告
佐藤会長から、次の報告があった。
9月4日(日) 、秋の遠足1、恒例のぶどう狩りを実施、参加者16名、中山ぶどう園、トトロの森も含めた近隣を散歩、西部浄水場やトコトコソーラーの脇を通り、トトロの森1号地等を経由して、高橋交差点にあるイタリアンレストラン「ナチュール」に伺い、食事会を実施した。
B秋の遠足2実施計画
佐藤会長から、次の報告があった。
秋の遠足Uは、10月10日(祝)近郊の秋の探訪とローズグラスガーデンでの食事会を実施する予定。すでに階段掲示及び回覧中であるが、参加人数30名、参加費1,500円、参加希望者は10月3日まで連絡をお願いしたい。

6.コミュニケーション委員会
@あけぼの(133)発行報告
五味役員から、「あけぼの」(133)を9月16日付で発行、全戸配付したことの報告があった。

7.高齢化対策委員会
@健康講座開催報告
丸山副会長から、平成28年度第2回講座を第12管理組合法人高齢化対策部と共催で、9月3日(土)に小手指第1地域包括センターの協力を得て『生き生き人生探訪を探る』シリーズ(10) ためになる−高齢者のための認知症予防−を開催した。参加者は26名(初参加1名)で有意義な講座内容であったことの報告があった。
なお、次回は11月5日(土)「ためになる/高齢者ための終活(老前整理)」を開催する予定である。


引き続き各専門委員会に別れ、会議を実施し、大方、午後7時40分ごろ散会した。
以 上