本部 安全で住みやすい環境つくり委員会 地域交流委員会 コミュニケーション委員会 高齢化対策委員会
TOPに戻る 自治会とは何 自治会規約 自治会組織 年間計画 自治会行事 防犯、防災 行政への要望 議事録

                                
平成28年度
第8回役員会 委員会
議事録

日  時 平成28年12月17日(土)
・役員会:午後6時00分、専門委員会:午後6時30分
場  所 ふれあい椿峰地下ホール
出 席 者(敬称略)
「役 員」
会 長 佐藤陽一
副会長 木南美恵子(会計担当)
丸山二三夫 (書記担当、高齢化対策委員会担当)
役 員 土屋博史 (地域交流委員会担当) (欠)
小椋雄二(安全で住みやすい環境つくり委員会担当)
五味智津子(コミュニケーション委員会担当)
監 事 石口尚美(欠)
「専門委員会委員」
−地域交流委員会委員−
阿部康雄、伊藤美佐子(欠)、田栗浩二、前原真弓、山本治(欠)、神部 俊夫
−安全で住みやすい環境つくり委員会委員−
石黒邦衛、曾田篤郎、戸田智子、真柴達、安川信、田辺紀美子(欠)
−コミュニケーション委員会委員−
笹原秀一、横川文彦、佐々木春生、平井和代
−高齢化対策委員会委員−
野瀬泰一、松崎嘉信、増田悦子(欠)、上野和子

【議事内容】
1. 副会長(書記担当)
前回議事録については、すでにホームページに掲載したことの報告があった。
2. 佐藤会長から、次のとおり説明があった。
@ 第12管理組合法人との協議会報告
前回会合で報告のとおり、本日、協議会主催による住民の方々との意見交換会を午後1時30分から開催した。その後、午後3時30分から第17回目の協議会が開催された。結果概要は、次のとおりである。
イ) 協議会主催意見交換内容等について
意見交換出席者は32名であり、出席者からの意見としては、統合に関して否とする意見はなく、統合する方向性の中で種々懸念すべき問題等の意見があった。
なお、詳細は2月上旬発行の「つばき」に掲載予定である。後刻、参照されたい。
主な意見としては、大方、次のとおりである。
A) 第12管理組合員以外の住民が賛助会員(仮称)として、コミュティ活動に参画することには区分所有法上抵触するおそれがある旨をセミナー講師から説明を受けてい るので、今後、協議会で検討すべきである。協議会としては、排除するのではなく、受け入れる方向である。再度、専門家の意見等を聴いてみる予定である。
B)コミュティ活動に関する費用、支出に関しては、合理性、明瞭性ある厳格な費用支出が求められるので、検討をお願いしたい。
C)組織運営に関して、統合後はコミュティ活動に関する事業等が理事・役員に過度な負担となることが懸念されるので適正な運営となるよう検討されたい。また、第12管理組合員の中で、非自治会員はコミュティ活動が強制参加が求められるのではないかと受け止め、理解している者もいるので、誤解を与えないよう,さらなる広報等周知方が必要である。
ロ)第17回協議会報告について
 
本日開催した協議会での確認事項は、次回、第18回協議会を平成29年1月14日(土)午前中に開催する。
また、今後の統合に向けたスケジュールは、現時点では、次のとおりである。
・平成29年2月17日
協議会より移行準備に向けた文書を第12管理組合及び西自治会宛に提出する。
・平成29年4月
西自治会総会で移行準備に向けた提案を行う。
・平成29年5月
第12管理組合法人総会で移行準備に向けた提案を行う。
・平成29年5月末
移行準備の組織立上げ、協議会解散、規約、組織及び運営に関して検討。
・平成30年1月
第12管理組合法人臨時総会(規約改正・組織等)
・平成30年3月
第12管理組合法人役員候補者
・平成30年4月
西自治会解散総会
・平成30年5月
第12管理組合法人通常総会(新役員)
以上のとおりであるが、統合後の規約ほか諸規則の改正及び運営に関しては、相当の検討時間を要することになる。

A 椿峰みどり環境つくりの会報告の件
所沢市に意見・要望していた高峰陸橋の先の緑道の高木(カシ、ヒマヤラスギの5〜6本)に関して、今年度3月までには1本伐採する旨担当部署の公園課から連絡があった。

B 椿峰ニュータウン西 交通信号改善に関する件
前回報告のとおり、ニュータウン入口の交通信号機付近の高木剪定に関しては、その後、進展がない状況である。

C 所沢明生病院地区評議員会参加報告に関する件
11月30日(水)に評議員会が開催された。前回報告のとおり、病院内の案内担当係を配置したこと。また、広報の不足に関しては、今後、広報誌を明年早々には発行できるよう準備していることの報告があり、改善が進んでいる状況であった。

D 第12管理組合防災部より、例年管理組合が実施している消防訓練を2月26日10:00から12:00に開催するとの連絡があった。西自治会も例年のとおり共催する。

3.副会長(会計担当)
@ 募金状況報告
木南副会長(会計担当)より、協力をいただいた歳末たすけあい募金活動の金額が本日現在24,000円集まった。協力に感謝したい旨報告があった。

4.安全で住みやすい環境つくり委員会
@ 冬の防犯パトロール実施報告
小椋担当役員から、次のとおり報告があった。
例年実施している冬季(年末年始)防犯パトロールについて、12月4日、11日の2回実施したところであり、引き続き協力方依頼があった。なお、実施上で何か問題点等があればパトロールノートに記載をお願いしたい。必要があれば、直接連絡をお願いしたい。

5.地域交流委員会
@ 新春芸能ふれあい大会企画
土屋役員欠席のため佐藤会長から、次の報告があった。
平成29年1月22日(日)に開催する予定である。第1部は落語、演奏、第2部は歌声喫茶である。参加費1,000円(受益者負担)で、案内は、平成29年1月上旬に各戸に回覧及び階段掲示する予定である。また、ピンポン大会(第12管理組合と共催予定)を2月に予定しているが、開催の可否に関しては、本日、委員会で検討する予定である。

6.コミュニケーション委員会
@ あけぼの発行報告
五味担当役員から、次の報告があった。
「あけぼの」135号を平成29年2月ごろ発行予定である。

7.高齢化対策委員会
@ 健康講座開催企画
丸山副会長から、次の報告があった。
平成29年1月7日(土)に平成28年度第4回講座を第12管理組合法人高齢化対策部と共催で、小手指第1地域包括センターの協力を得て『生き生き人生探訪を探る』シリーズ(11) 「ためになる−高齢者ためのツボ押し健康法(その7)」を開催する。なお、すでに階段掲示で案内済である。
 
引き続き各専門委員会に別れ、会議を実施し、大方、午後7時40分ごろ散会した。

以 上