本部 安全で住みやすい環境つくり委員会 地域交流委員会 コミュニケーション委員会 高齢化対策委員会
TOPに戻る 自治会とは何 自治会規約 自治会組織 年間計画 自治会行事 防犯、防災 行政への要望 議事録

                                
椿峰西自治会高齢化対策委員会打ち合せ結果メモ     
日 時 平成16年7月17日(土) 午後7時45分〜8時30分
場 所 西管理事務所

出席者名(敬称略)
「役 員」副会長 丸山二三夫(書記担当、高齢化対策委員会担当)
「専門委員」高齢化対策委員会委員
土屋 博史、松崎 嘉信(欠)、小松 澤幸子、郡山 美井子、
小川 景子(欠)、露木 穂積、横川 文彦、
高橋 道保(オブザーバー参加)、山田 忠男(オブザーバー参加)
                    (以上8名)

「議事結果」
前回6月19日(土)開催の同高齢化対策委員会において、次の事項について打ち合せを行い
内容の確認を得たところであるが、再度、本日開催の委員会においてその後の進捗状況
を含め話し合いを行ったこと。

「高齢化対策委員会活動計画の確認について」
高齢化対策として、
@現在の高齢者対策 
@第12管理組合高齢者の実態調査 
A高齢者の要望調査
B西自治会で対応できる事項の検討    

A今後の高齢化対策 
@所沢市高齢者対応の問題点の検討
A他自治体の高齢者対策調査比較
B所沢市への改善要望検討
※ 上記@、Aを踏まえ所沢市の高齢者サービスの実態調査する必要があることが確認された。
また、上記の活動計画方針に基づき、当面、次の事項について順次、できることから対応する
必要があることが確認された。

1.対象年齢70歳以上の会員及び会員以外の該当者の把握について
平成15年度において確認されている会員、会員と同居している方々は、13名で、会員以外の
方々については12名、合計25名となっているが、再度、何らかの方法で実態把握する必要があること。
当面、上記対象者向けに役に立てる施策など、できることから検討、実施してゆきたいこと。
引き続き第12管理組合の協力を得ながら高齢者の実態調査の把握に努めたいこと。

2.平成16年7月7日(水)開催の高齢者福祉情報教室(北野地区)について
前回6月19日(土)開催の同高齢化対策委員会において、過日開催7月7日(水)開催された
高齢者福祉情報教室に参加していただいた高橋道保さん(107-2号棟)から報告があった。
※この件については、後日、報告書をいただいた時点で、紹介することで了承。
この高齢者福祉情報教室は、民生委員、みまもり相談員及び地域ケア会議の活動PR、介護保険制度、
所沢市の高齢者福祉サービス、健康情報など地域型在宅介護支援センター主催、小手指第一地区ケア会議
協力により開催されたところであるが、広く関心、興味のある方々に対する情報の提供の一環として、
平成16年6月21日〜7月7日までの間に階段掲示を行い呼びかけを行ったところであること。  
その結果、今回の高齢者福祉情報教室に参加していただいた高齢化対策委員会の方々ほか
高橋道保さん(107-2号棟)から、次のとおり参加報告の提出がありましたので、ご紹介いたします。
※原文のとおり記載。

日 時 平成16年7月7日(水) 午後1時30分
会 場 小手指公民館本館二階学習室4号室 
※ 参加者約50名
今回、小手指第一地区内(北野地区)在住の方々に地域ケア会議の活動の一環として介護保険制度、
所沢市の高齢者福祉サービスについて分かりやすく、寸劇で介護保険(要援護老人調査)を自宅にて、
どのように行われるかを、やってもらい、その方の体調調査の結果、等級が決まることが分かれました。 
それと今回参加して驚いたのは皆さん高齢の方ばかりが主で、このような話に関心がある要で、
教室が満員で苦情がでたくらいでした。
また、腰痛予防体操を保健センターの保険師が分かりやすく、筋力アップ・柔軟性アップ・バランス強化の
体操のポイントを注意しながら腰を鍛える筋力アップを高齢者の方々に合った、指導をしてくれ、年を取る
ごとに、皆、体がかたく成るのは仕方ないことで、体操を今回、指導してもない、これから続けてやる気に
成りました。これからの高齢化に備えて担当地区(旧北野・新小手指南地区)の皆様がここに住んでいて良
かったと思えるよう、自治会を通して「介護予防教室」などを市役所の福祉課より来てもらい、これからの
所沢市の福祉問題を話して
もらい、地域の高齢世帯と一人暮らしの方々が安心して居られる西自治会に成れば最高だと思った。
※提出日平成16年7月19日(丸山担当副会長宛)  

3.「119番通報」、「生活便利表」の作成配布
前回6月19日(土)開催の同高齢化対策委員会において、露木さん(107-5号棟)からの提案で、いざというときの
「119番通報」掲示用、緊急のとき、すぐ来てもらいたい人、かかりつけの医者、困ったとき、相談したいときなど
連絡先を一覧に記入して、掲示する「生活便利表」を作成する方向の確認を得たところであるが、記載内容事項、
配布する対象範囲を含め引き続き検討して行くことで了承。

4.自治会版「みまもり制度、訪問制度」の検討
前回6月19日(土)開催の同高齢化対策委員会において、露木さん(107-5号棟)からの提案で、65歳以上で、
単身高齢者及び日中一人暮らし又は高齢者の面倒をみている家族の方々の相談相手として「みまもり制度、
訪問制度」を実施することによる地域住民の方々とのコミュニティー活動が図られる。このことの趣旨を踏まえ、
高齢化対策委員会の活動内容など紹介した案内文を作成する方向の確認を得たところであるが、引き続き
検討して行くことで了承。

5.今後の具体的な活動計画について
(1)小手指第一地区担当の民生委員との意見交換について
地域住民との密接な繋がりをもつ民生委員の役割、活動などを紹介してもらい、相互意見交換できる機会を
設ける必要があるのではないとの意見があり、次回、会合までに丸山副会長(書記担当、高齢化対策委員
会担当)が、小手指第一地区担当の民生委員の方と連絡調整することで了承。
 
(2)所沢市出前講座の開催企画について
広く問題意識を持ってもらうことも必要であることから、所沢市生涯学習まちづくり出前講座の中から高齢者の
福祉問題、介護保険及び今後の福祉施策について講座を選択して企画開催する方向を確認したこと。開催
時期等
については、引き続き検討することで了承。

6.日常的な広報活動
高齢化対策委員会における活動内容をホームページに掲載する他、日常的に活動内容の要旨を階段掲示して
周知を図ること。又高齢化対策委員会に対してどのような活動を求めているのか、幅広く意見を寄せてもらう
システム化の検討を行うこと。
なお、今回の高齢化対策委員会の活動内容(打ち合せ結果)をホームページに掲載することとした。

7.その他
露木さん(107-5号棟)から、
@社会福祉法人所沢市社会福祉協議会発行パンフ「ところざわ在宅福祉情報」「住民参加型在宅福祉サービス」
A所沢市保険福祉部介護保険課パンフ
B所沢市保険福祉部高齢者いきがい課パンフの配布方紹介がなされたこと。

また、横川さん(107-5号棟)から、
所沢市、さいたま市、武蔵野市、八王子市及び世田谷区における養護、経費、特別養護老人ホーム及び
ケアハウスなどの内容、対象及び費用負担を調査した中間的な資料の配布方紹介がなされた。
なお、各人において興味、関心のある情報の提供があれば、次回開催の委員会の際に配布方紹介することで了承。

                                                               以 上
                                 記述:副会長 丸山二三夫(書記担当、高齢化対策委員会担当)