本部 安全で住みやすい環境つくり委員会 地域交流委員会 コミュニケーション委員会 高齢化対策委員会
TOPに戻る 自治会とは何 自治会規約 自治会組織 年間計画 自治会行事 防犯、防災 行政への要望 議事録

                
ku-ky-1  

         古典落語「らくだ」のはなし

 

 

図体が大きく、大酒のみで乱暴者。らくだ、とあだ名されている長屋中の嫌われ者、馬さんが、河豚を食って死んでしまう。

古典落語の名作「らくだ」は、ここから話が始まる。

らくだをたずねてきた兄弟分と名乗るヤクザっぽい男が、河豚にあたって死んだらくだを見つけ(前日、季節はずれの虎河豚をぶらさげているらくだを目撃している)、弔いの真似事でもしてやろうと思いたつ。

そこへ通りかかったのが、人のいい屑屋の(きゅう)さん。兄弟分の男に呼びとめられ、家財を買い取れといわれる。しかしまともな家財なんてまるでない。心ばかりの香典を差し出して帰ろうとするが、仕事道具を取り上げられて、使い走りをやらされるはめになる。

まずは月番のところへ行って、葬式を出すから長屋の連中から香典を集めるように伝えろと言われる。長屋の嫌われ者だったらくだに香典なんかだしっこない、とわかっていながらともかく月番のところへ。事情を話したら月番は「らくだが死んでめでたいから、赤飯を炊くかわりに香典を出してくれと言って集めてやる」。なかなかすごい台詞です。

つぎに家主のところへ行き、通夜用に酒と煮〆と飯を届けさせろと言う。家主はもちろん、

「一度も店賃を払ったことのないらくだのために酒なんてとんでもない」と断る。それを聞いた兄弟分は「身寄りのない屍骸の置き場に困っている。もし酒、肴をもってこないなら、死人(しびと)を連れてきてかんかんのうを踊らせる」と伝えさせる。家主は「死人がかんかんのうを踊るところはこの歳まで見たことがない。冥土の土産に是非見たいものだ」と応じる。それを聞いて兄弟分は、らくだの屍骸を久さんに背負わせ、家主のところに乗り込み

久さんにかんかんのうを唄わせる。驚いた家主は、酒と煮〆と飯を届ける約束をする。

この調子で、八百屋からも、棺桶がわりの菜漬けの四斗樽をまきあげる。

香典、酒、煮〆が届いて、久さんは帰ろうとするが、兄弟分は引きとめてむりやり酒の相手をさせる。

ここまで粗筋をおってきて、あらためて、なんて派手なおもしろい筋なんだろうと感心してしまう。なにしろ、タイトルになっている主人公「らくだ」が死んだところから物語が始まる、というのがすごい。そして、その素性がいまひとつわからなかった「らくだ」の姿が、長屋の連中の反応からあざやかに浮かび上がってくるという仕掛けだ。

初めてこの噺をラジオで聴いたとき、「なんてすごい世界なんだ」とびっくりしたことを、今でも覚えている。

物語はまだまだつづく。

兄弟分に無理やり酒を飲まされていた屑屋の久さん。そのうちだんだん目がすわってきて、

兄弟分にタメ口をききはじめる。(どうやらこの久さん、酒で失敗した過去を背負っているのかもしれない)酔いがまわってきたら、いつの間にか二人の関係は逆転している。その場を仕切るのは屑屋の久さんだ。

この、二人の立場の逆転劇がこの噺の聴きどころ。手持ちのテープを何本か聞きなおしてみた。志ん生(五代目)は、あっけらかんと楽しむかのようにこの場面を演じている。可楽は(八代目)たんたんと、しかし不自然さを感じさせないで、この逆転劇を演出してみせる。小さん(五代目)はあの独特なゆっくりした口調と間で、いつの間にか聞く者をなるほどと思わせている。円生(六代目)が最もリアルにしっかりとこの場を演じているように思う。小三冶は志ん生と小さんの中間の風情。それぞれ個性が出ていて楽しい。

この場面が「らくだ」のひとつの山場であることは間違いない。

 

久さんは兄弟分に、近所から剃刀を借りてこい、といいつける。もそもそしている兄弟分に「なんだかんだいったら、死人にかんかんのうを踊らせると言え」というのがおもしろい。どうやら久さんのほうが、葬式慣れしているらしい。仏の頭を剃って棺桶に入れる、という作法もこころえている。久さんはらくだの頭を剃る。(小三冶の噺では、剃るのではなく、手で髪の毛を引っこ抜いていた!)

さんざん酔っ払った二人は、らくだの屍骸を四斗樽に入れて担ぎあげる。埋葬するための切手をもらっていないので、久さんの友だちがいる落合の火葬場でこっそり焼いてもらうことにする。

高田馬場を通って、落合の火屋(ひや)(火葬場)についた。久さんは、友だちの(やす)公に、女郎買いにいったときの貸し金をちゃらにするといって、屍骸を焼いてもらうことにする。ところが、四斗樽はからっぽ。どうやら、途中でころんだときに、屍骸を落としてしまったらしい。さっそく来た道をもどって、らくだの屍骸を探す久さん。道は暗いし酔っているしで、道端に酔っ払って寝転んでいる願人坊主を拾ってきてしまう。らくだの屍骸だと思っている久さんと、拾われた願人坊主との珍妙なやりとりもおもしろい。

ともかくも、らくだを拾ってきた(と思っている)久さん、火屋にもどってきて、やおら

願人坊主を火の中に放り込む。放り込まれた坊主はたまったものじゃない。「あっちっち!

いったいここはどこなんだ!」「なんだと! ここは日本一の火屋(ひや)だ!」「うーん、()やだと。…冷やでいいからもう一杯……」

 

かなり大雑把な粗筋となってしまったが、この落語の特異さ、スケールの大きさが多少はわかっていただけたと思う。

この噺は、上方の「らくだの葬礼(そうれん)」という噺を三代目柳家小さんが東京に持ち帰って、江戸前に仕上げたといわれている。「らくだ」という即物的なタイトルや、「かんかんのう」などというわけのわからない踊り、まがまがしい「願人坊主」の登場など、ちょっと江戸落語には少ないコテコテさも、逆に魅力のひとつになっているのかもしれない。

ちなみに、ラクダは文政年間に日本につれてこられ、見世物として評判になったという記録があり、また、かんかんのうも、死者を鎮める踊りとして中国から伝わったもので、文政期を中心に長いこと大流行したという。なんと史実の裏付けもあるわけだ。

 

人の死、あるいは葬礼などを扱った落語にはほかに「黄金餅」「三年目」「片棒」「菊江の仏壇」「死神」「粗忽長屋」など、よく知られている噺がたくさんあるが、話の大きさ、おもしろさ、そして、庶民の「死」とそれに付随する「死の後始末」の様子がよく描かれているということでは、この「らくだ」が一番だろう。生きているときはどんなに嫌われ者だろうと、死んでしまえば悪口を言いながらも、それなりの送りをする。長屋の月番がいわば世話役、家主は喪主。周りの人たちがこまごました用事をこなす。わずかでも香典を出し合い、親がわりの家主が酒、肴を用意して形ばかりでも通夜を営み、葬式をだして火葬、

あるいは埋葬する。そのような人間の営みの様子が、大雑把ながらいきいきと描かれているのも、この噺が古くならずにエネルギーを保ちつづけている理由のひとつだろう。

 

実はこの「らくだ」、私にとって重要な意味をもつ落語なのです。

中学から高校にかけてのころ、秋田の山奥では民放の番組が聞こえてくるのは、夜中になってからだった。もちろん深夜番組は毎日のように聴いていた。

ある日、円生(六代目)の「らくだ」が放送された。(TBSか文化放送だったと思う)アルバイトで買ったばかりのテープレコーダーを持ち出して、トランジスタラジオの前にマイクを置いた。そしてだまって(雑音がはいらないように)聴きはじめた。

前に書いたが、いきなり主人公が死んだところから始まるこの落語に、私は仰天してしまった。落語といえばちゃらちゃらと笑いをとるおしゃべり、と思っていた田舎のこども、だったのだ。「らくだ」の物語世界にすっかりひきこまれてしまった私は、息をつめて一時間の噺を聴いた。聴き終わって、ため息をつきながら思ったものだった。東京に行けば円生の「らくだ」を生で聴くことができる…と。高校を出て、東京暮らしを始めた私は、もちろん落語にはまりこんで、あちらの寄席、こちらのホールとうろうろし、落語(古典落語に偏っていました)を聴きあるいた。円生は生の高座を数回聴いたが、結局「らくだ」は聴けずじまい。そのかわりといってはなんだが、文楽、正蔵、馬生、柳朝、小さん、若き日の志ん朝、談志、小三冶など落語全盛期の名人、上手を生で聴くことができた。(残念ながら志ん生、金馬は間に合わなかった)

この原稿を書くにあたって久しぶりに円生の「らくだ」を聴いたが、文学少年の端くれだった田舎の子どもを驚かすには充分な噺だとあらためて思った。

ちなみに最初の録音テープはいまでも手許にある。でもそのテープはオープンリールで、いまや聴くことはできない。いつか聴いてみたいものだと思っている。

 

 

H15-9-23